Photoshopが動かない?

新しいMacBook(12インチ)に移行した。
概ね順調ですが,Photoshopを起動しようとすると
「この製品のライセシングが動作していません」と表示されて終了する。

今の時代ネットで検索したら解決方法はすぐにわかった。

FLEXnet Publisherという名前をつけたフォルダを作成するだけらしい。

場所は以下の通り。

HDD/ライブラリ/Preference/FLEXnet Publisher

あっさり解決したのでちょっとうれしい。

iPhoneをMacに接続した時に写真アプリが自動起動するのを停止する方法

写真アプリやiPhotoが自動起動しないようにするためには、「イメージキャプチャ」という他のアプリを使う必要があります。
iPhoneをMacに接続した状態で「イメージキャプチャ」を起動します。左下の小さなアイコンが設定項目です。見つけにくい・・・
「この iPhone を接続時に開くアプリケーション」という項目が出てきて、「写真」が設定されていると思います。これを「割り当てなし」にしてあげればOK。
絶対忘れるので,記録しておきます。

J-STAGEのトラブル?

「エラーが発生しました。お手数をお掛けいたしますが、J-STAGEトップ画面からご覧ください。」
と出て,利用できない。なんかあったのか?私の環境か・・・・

アドワーズの住所変更

Googleアドワーズから無料のキャンペーンコードがよく送られてきます。問題は引っ越したのに旧住所に送り続けられていることです。グーグルアカウントは住所変更してあるのに,このキャンペーンコードの方には反映されていないようです。また,送られてきた手紙には住所変更の方法が記載されていない・・・・・いろいろ検索した結果,今は以下のURLからお客様管理番号を入力することで変更できるようです。もう少しわかりやすくして欲しい・・・

https://www.google.com/appserve/fb/forms/jpdmoptout/

20130720-110854.jpg

自動車の球切れ警告灯が・・・

最近,長年乗っている自動車(E46)の球切れ警告灯がついていることが気になっていました。最初の頃は,ついたり消えたりしていたのですが,この頃は点灯しっぱなし・・・webで調べてみると,接点の接触不良が原因らしく,放置しておくと車両火災の原因になるとか・・・・
これはいけませんね。早速,作業を行うことにしました。トランクを開けて,問題となっている右後方のランプの裏側を見てみます。簡単なプラスチックネジをひねると,電球が入った部品が外れてきます。これには,電線が5本入ったコネクターがつながっているのですが,これを引っこ抜きます。中の端子を確認すると,予想通り焦げています。これが,球切れ警告灯を点灯させる原因らしいです。この小さな端子の代わりとなる部品は手に入りにくいのですが,焦げた端子についているコード(私の車では茶色)を切断し,コネクター加工します。幸い焦げたコネクターにつながる金具にギボシの形状をした部分がありますので,ここに接続すればOKです。球切れ警告灯はつかなくなりました。また,各種ランプの作動も良好です。この様な情報が簡単にwebで入手できますので,古い車を維持するには助かります。

スライド1 スライド2 スライド3 スライド4 スライド5