西表島その2(いのしし)

 先日、西表島にて猪狩りに同行するという
貴重な体験をしてきた。

(以下もグロイ写真はないのでご安心を)

ここでは銃をもって猪を狙うのではなく
事前に仕掛けておいた罠を確認しに行くのである。

冬の3ヶ月間だけ解禁になり、許認可を得た猟師が手作りの罠を仕掛ける。
罠の数の制限もあり、しっかり守っているので自然の秩序は保たれる。

私を案内してくれた和さんはサトウキビ刈も取り仕切っているため
週に一度だけ見回りをしており、ちょうどタイミングよく同行ができた。

前々日の夕食の際に、猪の話題になった。
友人の紹介ということもあり、猪狩りにお誘いいただいた。

私は食に関わる仕事をしていることもあり、とても興味がある。
その反面、基本的にお肉はたまに小魚を食べる程度の生活をしているので
動物の殺生にわざわざ接したくない気持ちもあった。

中学生の頃、興味本位で蛇を捕まえて食べたこともあった私は
この時も、やはり興味関心が勝ってしまった。

そして当日

15時にサトウキビ畑で待ち合わせをして
車で山の方に分け入ること数分。
下車後はジャングルの中を分け入り水辺まで下る。

そこからはボートで川を上流へ。

和さんは農業からボートの操縦、猟師までなんでもできる。
ウッキン(ウコン)堀りが一番幸せらしい。

銃はない。武器はナタ?

人の気配の全くない、奥地へと移動。
目指す山が見えてきた!

どんどん非日常へいざなわれワクワク感が高まる。

ボートをマングローブの森の木につなぎ留め
そこから山に分け入っていく。


寡黙な狩人たちは多くを語らない。

和さんは、登山の序盤で一本の木を握り
「これでどうだ?しっくりくるか?」と私にその木を握らす。

私「はい」

すると、パートナーのヒロさんが
リュックにぶら下がっているノコギリを出し
手際よく1メートルの棒にして切り出す。
元庭師だけあって、見事な手際の良さに感動。かっこいい。

私「・・・?」

そして手渡された。

どうやらこれで自分の身を守れということらしい。
そう、いつ猪などが飛び出してくるかもしれない。
彼らは枝打ちを兼ねてナタを常に出して歩いている。

私は素手だったので
【ヒノキの棒を手に入れた♪】
という状態になったのである。
(素材はもちろんヒノキではない)


意外とずっしりと重たい。
そのための木とわかってればもう少し持ち運びに適した細いのが良かった・・・。
いや、でも細すぎると振り回せても猪に負ける・・・・。
などと妄想をしながら、猪との命のやり取りという実感が湧いてくる。

罠を仕掛けているエリアが近づいてきた。


唯一の説明は、罠の認識確認方法のみ。

ヒロさん「私が罠ですと言ったら、『はい』と言ってください」

私「はい」「・・・?」

しばらくすると意味がわかった。

我々が歩いている道中にたくさん罠が仕掛けられているのだ。

なのでヒロさんが罠をまたぎながら「罠です」とありかを示す。

そして私はその罠を確認できた合図として「はい」と応える。
ヒロさんはその声を確認し先へと進み続けるのである。



罠の細かい仕組みは公開できないが
ワイヤー以外は全て地元の自然素材で手作りされた素晴らしい仕組みである。

私のヒノキの棒が指し示す、二本の置き枝の間を踏むと
罠が跳ね上がり足が木に吊るされる仕組みである。

一個一個と罠を確認しながら山奥へと進む。
罠のすぐ横を猪が掘り返した形跡がある。
確かに猪はいる。

さらに進むと、

ガサガサ

と音がなり前を行く二人に緊張が走る。

私は待機し、先頭の和さんがナタを持ち確認しに行く。
残念っ!鳥だった。

一同、安堵と落胆。

そうこうしているうちに最後の罠も過ぎ
結局この日はボウズであった。



この日は猪を担いで山を下りるという体験はできなかった。
残念さ半分「ほっ」とした半分の複雑な心境だったが
とても満たされた満足感はあった。

そもそもジャングルの道なき奥地をトレッキングできただけでも最高の体験である。

しかも、通常の観光や遊園地のアトラクションとはちがう
ドキドキやワクワク感を体験することができた。

リアルな命の存在を想像する機会はめったに味わえない。


どうやらワンシーズン9頭の捕獲が平均らしい。
つまり月に3頭ほど捕獲できる計算である。



獲得事例を見たい人はweb上に、こんな↓体験レポートがあったよ。http://jaima.net/modules/readings/index.php?content_id=226


帰りのボートの中、心の中で二人の狩人に謝った。
非科学的な話だが、二人の猪を食べたい気持ちより
私の猪を殺したくない気持ちが1対2なのに勝ってしまった気がしたからだ。

その夜、その話を妻にしたら
妻は屠殺を見たくなかったらしく、私以上に
猪を殺したくないとねがっていたらしい。
(2対2になってたのか!)

そんな訳で
自分が山から担いで帰り、さばきたての
野生の猪の肉を刺身で食べることはお預けとなった。

しかし、先週仕留めたという猪をご馳走になりました。
猪さんに感謝!


バラ肉の脂身の部分も全く臭みがなく
さっぱりとしていて食べやすく且つ濃厚なおいしい味である。
猪肉の概念が変わった!

「西表島の猪は、豊富などんぐりなどを食べているので
イベリコ豚のようなものだ」だそうだ。

猪さん、農家民宿ゆうわむらの皆様
ヒロさん、宿を紹介してくれた愛ちゃん
本当にありがとうございました。

多謝!




以下、おまけ

【食事療法士辻野の肉食に対する考え方】

私は豚や牛、鳥などのいわゆる「お肉」はごくたまにいただくだけ。

我が家では冷蔵庫にも冷凍庫にも
小魚や干物はたまに見るが、お肉はもちろん卵すらない。

結婚して5年になるが、
実家の両親が持ち込んだりした数度見かけただけである。

お肉を食べない人は大きく3種類

?宗教的な理由
?動物愛護的な理由
?健康保全的な理由

私の場合は?である。(若干?もある)

食養生ではお肉禁止ではなく
控えめが良いとしている。

どれくらい控えめかというと
お肉や魚、卵などの動物性のものが全体の1/8程度が最適としいる。
(穀物:野菜:肉魚=5:2:1)

また、海に囲まれた島国に住む日本人は
昔から魚を食べてきているので、この1/8は魚中心が良い。

極たまにしかお肉を食べないのなら
その時は最高に良いお肉を食べたい。

この良いお肉の基準は一般的な基準とは異なる。
食養生的には健康的な環境で育った牛や豚の肉が良い。

食養生に反する環境で育った、不健康な動物のお肉である
霜降り肉や最高級の特Aランクのお肉は可能な限り避けたいものになる。

では食養生にかなう環境で育ったお肉とは!!!

そう、野生の動物となる。

つまり、人工的なストレスが無く、太陽を浴び新鮮な空気を吸い
きれいな水を飲み、自然の木の実などを食べて生きている野生の猪などは最高となる。

というわけで今回は猪の命に感謝をしていただいた。

ありがとう。



「70%健康マガジン」でもお肉の話題は何度かあったような気がする。
気になる人はバックナンバーをご覧ください。
(3.11以降更新さてていません。)
http://magazine.soragroup.jp/?eid=590174#sequel


Parisで出逢った貴重なBioの香水達

前回のParis Bioの見本市の続きです

最終日の朝 偶然メトロのポスターで見かけたBIOの見本市に行ってみたのですが。。


この出逢いのためにここに来たのかもしれないビックリマーク

と思うほど、とーっても素敵なクラフトマン、そして彼が作る香水に出逢ったのです


bioの香水を南フランスの工房で手作りしているクラフトマン

NIcholas です!!

ねー、笑顔がとっても優しいでしょ

真に自然を愛して、それにそった生活をしているrealなナチュラリストの人ってみんな
『ある共通した雰囲気』をもっているんですよね

それは年齢、国籍、性別を問わず。。。

本当に自然が大好きで香水作りを心から愛して楽しんでいるんだなぁって事
とっても伝わってきました

彼からはちょっとヒッピーの匂いも感じます ふふふ


photo:01




NIcholas はイギリス人なんだけどもう南フランスに越して18年って言っていたかな
南フランスが大好きでイギリスに戻るのは年に一度、家族に会いにいくため、との事
アジアも大好きでシンガポールにも言った事あるよ!って言ってました
そして桜の季節の京都にはいつか絶対に行ってみたい!とも。。
なんだかうれしい

このbioの見本市には6年前から出店していてるそう
来年も来るよ!って言っていました



こちらのポスターは彼の南フランスの工房です
ワークショップも開催しているそうです


photo:02



NIcholas の工房 Shariniのwebサイト



来年の夏の旅行
今年と同じくやっぱり南フランスに行く事になりそうです
実際に彼の工房を訪ねて、体感してみたいです

モンペリエ近く 近隣には世界遺産が多く 自然が豊かで本当に素晴らしい場所だそうです
また一つ楽しみが出来てワクワクしています




最初、『あ BIOの香水だ』と思って彼のブースに立ち寄ったのです
実際に香りを試してみると 今まで香った事のないような素晴らしい香り
と、いうよりも。。『香りを超えた何か』が彼の香水にはある、と思います

衝撃でした


100%ナチュラルな香水は今まで何回か試したこともありますし、ショップなどで見かけると
必ず香りだったり、、その他色々を試してみるのですが


彼の作る香水はちょっと次元が違うと思います

香水作りを心から楽しんでいる彼が一つ一つ手作りしているものに宿っているエネルギー
なんだと思います

まず香水を作る彼自身が本当に素敵な方で
最初に商品を見ていた私に

『ゆっくりみていってねニコニコ色々試したら、買わなきゃいけないかな?とかプレッシャーとか感じて欲しく無いし。。僕はクラフトマンだから、、、、売らなきゃ!って気持ちもないし、、だから。。楽しんでいってねニコニコ



彼の人柄+香水の素晴らしさ、、で、本当に今日ここに来て良かった!!と感激でした

私がまた新しくサロンを開く時には絶対にこの香水を置きたいですドキドキ


さて本日の表題の香水ですが何種類か買ってきましたよ


全てが本当に素晴らしいのですが、、

特にwhite Roseの香水

全世界でBioのwhite roseの土壌はたったの3ヘクタールだそうです

3ヘクタールってどのくらいなんでしょう
ちょっと調べてみたら陸上競技のトラック面積が訳1ヘクタールだそうです

全世界で3ヘクタールって本当にとってもとっても貴重ですね
そして1mlのエッセンスをとるには900本のバラが必要だそうです

そのとっても貴重なホワイトローズの香水がこちらですキラキラ

photo:07




オーガニックコットンの袋と可愛い箱とカードがセットになっています
6ml入り



他にもネロリ ジャスミン チュベローズも買ってきました


photo:06






ジャスミンとチュベローズに関してはなんとビックリマーク
CO2エクストラクト


*CO2エクストラクト
2酸化炭素を使った精油の抽出方法で、植物のかなり自然に近い状態で抽出できると言われています。。しかしコストがかかるため、一般的な市場ではあまりお目にかかることはないと思います


CO2エクストラクトの精油を使ったアロマの製品
初めてです
なんて貴重なんでしょうキラキラ

チュベローズは彼がインドから仕入れた完全オーガニックの畑でとれた
花を使用して、南フランスの彼の工房で手作りしているそうです





朝、偶然メトロで見かけたポスターに導かれて、こんなに素晴らしい出逢いがありました

本当に旅はいつもいつも思いがけない出逢いがいっぱい

だから旅する事をやめられないのかもしれません


そしてこのお話には続きがあって、、、
今回の見本市から更なる奇跡を引き寄せてしましましたドキドキドキドキドキドキ


場内には同じ様な展示会のお知らせがたくさんあり
その中でも一番興味があったのがこちら!


bien etre、タラソと書いてあるし
きっとナチュラル系の美容イベントか何かに違いない♪

『行ってみたいけど来年の2月かぁ ちょっと今回は難しいかもだけど
またいつか来よう! 』
と、思ってシンガポールに帰ってからイベントの内容を調べるために写真をとっておきました


ちなみにmedicine douce とはなんと代替医療の事でした!!

photo:03




そうしたらですよ。。。

実は来年の2月に息子の学校行事参加のためにスイスまで行くのですが。。
だいたいジュネーブにはパリで飛行機を降りてTGVで行きますので
いつものようにチケットとTGVをネットで手配していました
決済も済ませてとりあえずひと安心!
という時

『あれ?この日程ってもしかして。。。』

と予約したチケットとポスターを見比べてみると。。なんとなんと!
ポスターのイベントの最終日にパリにいる事になっているではないですか

無理だと思っていたのに、気づいたら行けることになってしまいました♪♪♪

すごい!このミラクルに感謝です!

2月は私も英語学校にフルタイムで通っていますし、授業もそんなには休めないので
今回は4日だけのすごく短い日程だったのですが..
パリ発の飛行機が深夜便のためパリで一日過ごせる時間が偶然にもあって

いえ きっと必然だったのだと思いますけど。。。


と、いう事で来年の2月のパリでのこちらのイベントもしっかり
レポートしてみなさまにご紹介したいと思います☆

今からワクワクです!!!










iPhoneからの投稿

海の幸と美容

Merry Christmas!

どんなクリスマスをお過ごしですか??

 

私は、クリスマスに風邪を引いてしまい、寝クリスマスを過ごしてしまいました。。。

年末年始は、忘年会、新年会と忙しい時期、みなさんも体調管理には十分にお気をつけください。

 

 

さて、さて、先日は、北海道に海の幸を食しにいってきました!

CA1F51XO.jpg

 CA5PSXT0.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

美味しいものが本当にいっぱい!

でも、実は海の幸、美味しいだけではありません!

 

美しい髪を保つために必要な栄養素が多く含まれているんです!


美しい髪を育てるには、髪に必要な栄養素を頭皮まで十分に行き渡らせることが大切。

まずは、髪によい栄養を運ぶために、血液の流れを良くすること。

お勧めの栄養素はいくらに含まれるビタミンAとE。

抗酸化作用のある、アスタキサンチンも豊富です。

次に髪の成分となる栄養素をとること。

お勧めの栄養素は魚類に含まれるケラチン。

髪の成分であるケラチンの原料となるメチオニンが豊富。

最後に美しい髪をキープさせる栄養素をとること。

お勧めの栄養素は亜鉛。

貝類に多く含まれている亜鉛は皮膚の形成に関係するミネラルで、

タンパク質の合成に関係しています。

少なくなるとキューティクルがはがれやすくなります。

抜け毛予防や、肌、頭皮のためによいとされています。

 

乾燥が気になるこの季節、美味しい海の幸を食べて、

きれいな髪をキープしていきましょうね

maki ninomiya

 

体質遺伝子チェック~ダイエット&アンチエイジングプラン~

価格 12700円

潜在リスクである体質遺伝子と、後天リスクであるライフスタイルを合わせてチェック。

目的にそったプランニングをいたします!

お問い合わせ:東京美容皮膚科クリニック 03-5777-0038

海の幸と美容

Merry Christmas!

どんなクリスマスをお過ごしですか??

 

私は、クリスマスに風邪を引いてしまい、寝クリスマスを過ごしてしまいました。。。

年末年始は、忘年会、新年会と忙しい時期、みなさんも体調管理には十分にお気をつけください。

 

 

さて、さて、先日は、北海道に海の幸を食しにいってきました!

CA1F51XO.jpg

 CA5PSXT0.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

美味しいものが本当にいっぱい!

でも、実は海の幸、美味しいだけではありません!

 

美しい髪を保つために必要な栄養素が多く含まれているんです!


美しい髪を育てるには、髪に必要な栄養素を頭皮まで十分に行き渡らせることが大切。

まずは、髪によい栄養を運ぶために、血液の流れを良くすること。

お勧めの栄養素はいくらに含まれるビタミンAとE。

抗酸化作用のある、アスタキサンチンも豊富です。

次に髪の成分となる栄養素をとること。

お勧めの栄養素は魚類に含まれるケラチン。

髪の成分であるケラチンの原料となるメチオニンが豊富。

最後に美しい髪をキープさせる栄養素をとること。

お勧めの栄養素は亜鉛。

貝類に多く含まれている亜鉛は皮膚の形成に関係するミネラルで、

タンパク質の合成に関係しています。

少なくなるとキューティクルがはがれやすくなります。

抜け毛予防や、肌、頭皮のためによいとされています。

 

乾燥が気になるこの季節、美味しい海の幸を食べて、

きれいな髪をキープしていきましょうね

maki ninomiya

 

体質遺伝子チェック~ダイエット&アンチエイジングプラン~

価格 12700円

潜在リスクである体質遺伝子と、後天リスクであるライフスタイルを合わせてチェック。

目的にそったプランニングをいたします!

お問い合わせ:東京美容皮膚科クリニック 03-5777-0038

☆クリスマスは幸せの日☆

ささやかではありますが我が家でも玄関、リビングなどにクリスマスの飾り付け

息子が小さい時は毎年張り切って大きなツリーに飾り付けしたものです
ツリーの下にプレゼントを置いたり、キャンディーをツリーに飾ったり、、
色々楽しかったな

photo:04



息子が明日帰ってきます

息子にとってはシンガポールは馴染みの無い場所
『新しいお家でもリラックスできるように、クリスマスのデコレーションで暖かい雰囲気のお部屋で迎えて上げよう!』

とは旦那さまの提案

本当に優しいパパだなぁ。。と思います

『プレゼントは何がいいかなかぁ。。。サンタさんはもう信じていないよね??』

って真顔で聞いてくるんですよ
もう15才ですから!!

笑ってしまいました得意げ

旦那さま曰く
『ごめん 高校生になったこと忘れていたあせる
だそうです



でもやっぱり何才になっても子供は子供なんですよねぇ
私もついもう高校生ってこと忘れちゃいそうになる時があります

もちろん子供扱いしませんが、なんというか気持ち的には、やっぱり赤ちゃんの時から
なんにも変わっていない気がします
きっと彼がおじさんになっても。。。親の気持ちって変わらないものなんでしょうねぇ





昨日は。。。シンガポールに来てから初の風邪をひいて一日寝ていました
だんなさまが食事をつくってくれたりして、しみじみ感謝です
イチゴもヘタとちょと痛んだ部分もキレイにカットしてお皿に盛りつけて持ってきてくれました!
素晴らしい
感激です
きっと男性は(女性の)こういった細やかな心遣いにグっとくるんでしょうね~
男の人の気持ちがわかります


雑な嫁としては、丁寧なご主人さまの仕事っぷりにアタマが下がりっぱなしです。。。
いつもありがとうございます

本当、私大雑把なので。。。あせる

photo:05





今日は用事があり外出しましたが
クリスマスイブのシンガポール
街が人々に飲み込まれそう! 笑
すごい賑わいです


photo:06



クリスマスはプレゼントを交換しあったり
大好きな人と過ごしたり 感謝の気持ちを交換できる素敵な日ですね~
街にもカップルやファミリーがたくさん
みんな楽しそうで、幸せそうな人達の笑顔をみているだけで
つい笑顔になってしまいますよね



私にとってはクリスマスはやっぱり家族の日
今年はクリスマス礼拝には行かなかったなぁ
シンガポールでは一度だけ日曜礼拝にいった事があるのですが。。
良い教会でしたが自宅からはずいぶん遠くって。。


体調もずいぶん回復したのでこれから息子のお部屋の準備
スイスで使っている枕と同じ物もサプライズで用意したんですよね~
喜んでくれるかな??ふふふ


明日、皆様にとっても素敵な素敵なクリスマスの一日になりますようにキラキラキラキラキラキラ


明日こそ、Parisのbioの見本市で出逢った素敵な香水たちの記事をアップしたいと思っています!

西表島その1(ゆうわむらとサトウキビ)

西表島に3泊してきた。
現代ではとても貴重な食養生体験ができた。
 
【西表島東部古見集落からの朝日とマングローブ】

10年ほど前に沖縄本島に半年ほど住んでいたことがある。
そこでは神人(かみんちゅう)さん家に住み込みで聖地巡りをしたり
自然食のカフェのプロデュースをし、こだわり農家の発掘をしたりしていたので
沖縄本島はあっちこっち行った。

しかし、八重山には行かなかった。
その時に西表の話も聞いており一度は行ってみたい所であったが
気がつくと10年が過ぎていた。

沖縄で知り合った友人が家族で西表に移住したので
これはチャンスと西表島に初上陸!


石垣島からフェリーで35分

宿は友人の紹介で
心とからだに優しい宿「農家民宿ゆうわむら」
に3泊しることになる。
http://yuuwamura.ti-da.net/

農家がメインなこともあり一日一組限定のお宿で
2LLDK?のお家をまるまる独占でき
料理は養生やベジにも対応してくれる素敵なお宿!



マニアックなCDや書籍も大量にありまたピアノや太鼓の他
民族楽器のようなもののたくさんあり
長期滞在したくなるお部屋である。

今回は家族三人に加えて、いとこ家族も合わせて
総勢6人での滞在。わいわい深夜まで盛り上がり楽しんだ。

あまりの楽しさに、いとこは石垣に戻る予定を変更してまで
ゆうわむらに一泊追加!

旅は一緒に行くメンバーによっても印象が変わる。
その意味では最高の旅でした。

早朝から美しい景色が楽しませてくれるので
夜遅くまで泡盛を飲んでも、日の出前には起きだし散歩をし、太陽食。
お宿の隣が河口でマングローブの合間に移りこむ朝日が美しい。(冒頭の写真)

ちょうどサトウキビ刈りのシーズンである。
キビ刈に来ている人も3名ほどいて
夕食はみんなで一緒に食べるのでとても楽しい。
そこで垣間見える和さんと、たかこさん夫婦のお人柄がとにかくステキで
とても居心地が良く実家に帰ったようにくつろいでいた。

ここの最大の魅力は人なのかな。

そんな素敵な人達が育てた地元野菜や
それらで作る命があふれる食事は、ほんとうにおいしい。

とてもおいしいベジ朝食!

動物性や乳製品を使わない料理にも快く対応していただけた。
夕食はあまりにも魅力的で写真を撮るのも忘れがっついていた。

ご要望とあればサトウキビ刈りの体験やカヌーなど
様々な体験もさせてくれる。

キビ刈りはしなかったが、キビ畑に行くと
和さんが無農薬栽培のサトウキビをサクサクとなぎ倒してきて
我々に試食させてくれた。
ありがとうございます!

甘くて美味しい!


(かたいっ!)微妙な顔をしていた息子も気に入ったらしく
八重山滞在中ずっとキビとともに過ごした。

2歳の息子はこれまで砂糖や砂糖を使った料理やお菓子
ジュース等は基本的に一切口にしていない。

食養生を実践している息子には感動の甘さであったことでしょう。

おいしい料理が二食も付いて1人1泊7,000円は
食養生的にコストパフォーマンスがとてもよい!
しかもいろんな体験が可能。

海も山も美しく、野菜や薬草、ハーブも豊富で食も豊か
なんて素晴らしい島でしょう。

また行こう。

入江も潮が引くと、沖までず~と砂浜が続きます。

試しに沖に向かって歩いてみると数百メートルは進めます。

まだまだ行けそうだがお腹がすいたので戻ろう。


西表島その2(いのしし)に続く。





***************
以下、【食養生コラム】
※長いので食養生に興味のある人はどうぞ。

【食養生コラム】

食養生的には砂糖は嗜好品であり、食品ではない。

砂糖の原材料はさとうきびである。
しかし砂糖とサトウキビは全く別物と捉える。
それは「一物全体食」の観点から、人工的に過度に精製したものは
たとえ自然由来であっても食べ物ではなく薬であるからである。

ちなみにサトウキビ(?)を搾ったものがサトウキビジュース(?)
?を煮詰め固めたものが黒糖(?)

これら???には甘味の成分であるショ糖が大量に含まれているので
甘。さらに多くのミネラルも含まれたおりミネラルにはそれぞれ味があり
甘味以外の様々な味が複合してうま味になる。

?を分蜜といってショ糖(?)とその他(ミネラルを含む)に分離し
より純粋な?をつくり、これを熱して揮発させると
順にグラニュー糖(?)、上白糖(?)、白糖(?)と取り出せ
最後に三温糖(?)ができる。

なぜ分蜜するのかというとミネラルは雑味であり
ショ糖の純度が高まるほど砂糖の顔である甘味が際立つからである。

分蜜の技術が甘かったころは三温糖にはミネラルが残存しており
白砂糖<三温糖という時代もあった。しかし現代では見た目や
溶けやすさは違うが、食養生的には????どれも一緒でミネラルは残っていない。
(三温糖は揮発させて行く行程で糖が熱され色がついただけ)

食養生的に甘味を選ぶ際は精製度が低いほど好ましい。
?>?>?>粗製糖などの精製の少ない糖>>>?≒????となる。

一物全体の対極にある精製をすればするほど
性質は際立ちその副作用として中毒性が出てくる傾向がある。

サトウキビの中のショ糖だけを精製抽出すると
甘味が際立ち強くなり刺激的である。その反面止まらなくなり
また食べたいという欲求が掻き立てられる。

糖質は3大栄養素の一つで生きていく上で不可欠
なので甘味は万人が求める味である。

サトウキビや黒糖だと甘味はあるがその他も味もあり必要量が
身体に入ると満腹中枢が正常に働き過食ならず歯止めが効く。

しかし白砂糖は長い人類の歴史で体験したことのない
自然界にはないものなので身体が誤認し歯止めが効かない。

誤解を恐れずいうなれば砂糖は合法ドラッグである。
多幸感が得られる。


やや脱線するが「身土不二」の観点から南国のサトウキビで作られた
黒糖や砂糖は暑い環境下で身体を冷やす作用があるので南国では食べるのはよいが
本州の特に冬には適さないという考えもある。

その観点から砂糖は寒い地方で作られる甜菜(てんさい)がいいとなり
砂糖よりてんさい糖という選び方も良い。
しかし最近は「てんさいグラニュー糖」というものもある。
健康食品店でこれを使ったお菓子が売られているが
食養生的にはできるだけ控えたい。


ホノルルマラソン

久しぶりのブログ投稿です

 

少し休暇をもらって、ホノルルマラソンにいってきました!!

ホノルルマラソンの参加は、「人生で達成したいことベスト10」の中の1つ。

3年前からいい続け、ずっと参加できなかったけど、

やっと参加することができました。

 

朝3時起床で、5時のスタート。

とにかく眠い

 

今年は、40回記念大会ということもあって

例年と比較し、沢山の方が参加されたとか。

 

スタートは、花火が打ちあがり、かなりの盛り上がり。

眠気もすっかり覚めました!

 

私も、わくわくしながら!?スタートしましたよ~

CAWV85MF.jpg

 

 

スタート後30キロ地点までは、かなり元気。

走ったり、歩いたり、快調でしたが・・・

CA2BMKT1.jpg

 

残り12キロで失速。

自分の周りには沢山のランナーが走っていたのに、

どんどん人が少なくなり、前も後ろにも人がいない・・・

給水場もお片づけ・・・

通行止めだった道は、規制解除で、車は普通に走り始め

 

そんな中、警察や救急の方に、大丈夫?

と声をかけられるたび、なんどもリタイヤが頭をよぎります。

 

でもここで諦めたら、なんだか、自分に負けちゃうような気がして

絶対ゴールする!

と思って、頑張りましたよ

 

そんなこんなで

なんとかゴール

 

ゴールもお片づけされていましたが・・・(笑)

完走メダルと完走シャツと、パチリ

CA4S1AFO.jpgのサムネール画像

 

 

沢山紫外線を浴びてしまったので、

e-richで、ビタミンCを導入して、しみの予防にも努めなきゃっ!

 

 

maki  ninomiya

 

 

体質遺伝子チェック~ダイエット&アンチエイジングプラン~

価格 12700円

潜在リスクである体質遺伝子と、後天リスクであるライフスタイルを合わせてチェック。

目的にそったプランニングをいたします!

お問い合わせ:東京美容皮膚科クリニック 03-5777-0038

 

 

食養生が必須の時代になる。

食養生の知識が必要な時代になった。
今朝、選挙結果が信じられなくて、東京への移動中、新聞を見つめ続けた。

みんな、原発推進の政党でいいんや。(小選挙区の56.0%は死票だったようだが)
そしてTPP交渉参加、消費税増税オッケーが大多数なのか。。。。
信じられん。

さて、これから食養生が大変な時代になりました。
TPPの流れに乗るということは食を選ぶ知識を持たないと、とんでもないことになる。

遺伝子組み換え作物や危険な農薬も、薬品も、またそれらが含まれる食品や加工食品も我々の口から流れ込んでくる。
ただでさえ食の見極め方など習わずに来ているのに。

例え、買い物時に国産を選ぶ人でも外食時の食材の産地や調味料や加工食品の原材料産地を気にする人は少ないのでは。
アメリカ牛の異常なエサや薬の状況、ポストハーベストののとより安価さを選択基準にする人が多いだろう。加工されればされるほど。

我々がよほど賢くならないと日本の農業は大打撃を受け、日本人の食と健康はえらいことになりまっせっ!

食に無関心やと、うまく欲望をかき立てられ金と健康を浪費し、健康を取り戻すためにまた金と時間を大量に使うことになる。

TPPはグローバル企業の利益追求には素晴らしい仕組みだか、残念ながら我々消費者の健康享受には相反する。

「食べ物は血となり肉となる」

健全な心身が必要なら
命ある本物の食べ物を見極める
ことが、より求められる。
(TPPがなくとも必要だが)

もう、一人一人が賢くなるしかない。

南国のクリスマス風景♪

街はデコレーションで埋もれそうです~~
夜になるとまぶしいっキラキラ


とってもキレイです



photo:01



photo:02




photo:03





暑いからでしょうね~
どんなにクリスマスのディスプレイが山盛りでも
街中の至る場所でクリスマスソングが流れようとも
なんだか年末という感じがあまりしません~~

今年は年末年始は帰省せずにシンガポールにいる予定です♪


英語クラスもひとまずあと一週間と少しで終わり。。。。。

『あ~!!!もっと私のアタマが賢かったら~~~!』と、落ち込みつつも頑張る毎日です 笑


クラスメイトはみんな若くて優秀でとってもモチベーションが高い子たちばかり


『本当~賢いよね!いいなぁラブラブ!』って言ったら

『No! I'm not smart!! I just studied hard!! 』



確かに..私,たぶん彼女達に比べてきっと全然、努力が足りないと思う(アタマも足りないが)


『はい、すいませ~んショック!』って感じで返す言葉なかったです......しょぼん



私よりも一回り以上年下の子や 息子の年齢に近い子たち。。
みんなすごく明るくていい子なんですよね

わからない事あったらいつでも手伝うよ!って

今日も授業終わった後もノートに図解入りで丁寧に説明してくれてしょぼん

シンガポールに来てから本当にたくさんの国の人と話すチャンスがあって、私の世界観や価値観がまた変化しつつあります

特に日本以外のアジアの友人との会話はとても興味深く
文化や価値観の違いに『うそでしょ~!!』とひっくり返りそうになるような。。
日本人にとってはあり得ないような話も度々あります


また同じアジアの中でも特に発展途上の国とされている ベトナムやミャンマーなどのお友達との会話はとても勉強になっています


ミャンマーから来ているクラスメイトがお話してくれました

自分はミャンマーに帰って、英語を勉強するチャンスが無い人のために英語を学びにきている
国が貧しく教育を十分に受けることが出来ない人が多い
まず自分が勉強する、そうすれば、国に帰って英語を他の人に教えて上げることが出来るから
自分たちはこれから変わっていかなければならないし、その為にはまず教育が必要だから

というような事をお話してくれました

もうすごいショックでした

自分が勉強したくてクラスに申し込み、学費は全部だんなさまに払ってもらい
その上 大変だ~~ とか ゼイゼイ言ってる自分がとても恥ずかしかったです


はぁ~
ホント 私って狭い世界に生きていたんだな~!と日々 お友達から学ぶ事多し!!

頑張りますっ!!

本当に色々な国の人と交わりを持てるチャンスが多く、シンガポールに来て本当に良かった!としみじみ思っています
色んな文化の違いや考えを知る事は本当に楽しいです

と、言うか自分の価値観を壊し続けることが私にとっては、すごく楽しく刺激的で、
自分の魂がそれを望んでいるという感じですね~

破壊と創造 ですね



来週のテストに合格したら来年からはアドバンスクラスに入る予定ですが、、
アドバンスに入ったとろこでついて行けるのか、むしろ不安ですが、、、

きっと大変なんだろうなぁ~~~


でも自分の経験上 ちょっと無理をすることが大きく成長につながる 
事は間違いないと確信しているんですよね




まぁ本来は 無理するの 本当~に苦手なタイプですが
今回ばかりはちょーっと背伸びして無理して頑張っています


してもいい無理と しない方が良い無理があって

今回は明らかに 『トライしてみる価値のある無理』だなぁって思ってます
 



まぁ~ でも長くは続かないだろうし、(というか長くは続けたくはないです)
長く続けると体に悪いし、当然美容にも悪いですし、、
期間限定で、、ね  頑張ります!!




クリスマスの話題のつもりが途中からつぶやきになってしまいました。。。


明日は金曜日ですね!!
みなさま良い週末を♡ 





















iPhoneからの投稿